風水基礎知識

化殺

化殺とは?

玄関

水周り
運氣に重要な影響を与える場所に水周りがあります。
家の何処に水周りがあるかというのも重要ですが、まずどこの水周りもピカピカに掃除をして下さい。そして盛り塩をして清めましょう。

台所の流しの下は収納ではありませんので物を入れないようにしましょう。
そこに物が入っていると、財運が流れてしまいます。

盛り塩は、上げたい運氣によって、お皿の色を変えて使います。
黄色=財運、ピンク=仕事運・人脈運、緑色=健康運、オレンジ=家庭運、紫色=氣を上げる、という意味があります。
また、台所には火と水という相反する物が一緒にいますので、間を補う緑色のお皿で盛り塩をするのもお勧めです。盛り塩は1週間に一度交換です。

方位の化殺

方位の化殺は、家族全員に影響を与える家の方位(太極氣)の化殺を優先します。

太極氣化殺

本命氣化殺
風水4
個人の化殺には優先順位があります。

まず、一家の大黒柱になる世帯主の化殺を一番に、次の世帯主になる長男の化殺を二番目にします。男性の化殺が終わったら女性の化殺をするというのが、風水上の化殺の順番です。

生氣を奪い、運氣をなくすという「絶命」の化殺の方法は、八卦鏡の上に金色のお皿を置き、三角錐の形の盛り塩をし、その人の絶命方位に置きます。

先祖運が宿るというのが「五鬼」です。
本来仏間を作るような方位です。
八卦鏡の上に紫色のお皿を置き、三角錐の形の盛り塩をします。

六つの禍いが来るという方位が「六殺」です。
八卦鏡の上にピンクのお皿を置き、円錐の形の盛り塩をします。

事故や怪我を招くという方位が「禍害」です。
八卦鏡の上にオレンジのお皿を置き、円錐の形の盛り塩をします。

家や家族によって、化殺の方法などに違いが出てきたりする場合もありますので、勉強会に参加したり、鑑定士に鑑定を受けたりして、よりベストな化殺の方法を選択して下さい。
風水5